こんな本を読みました。
読んだ本の紹介・感想・メモです。 画像をクリックすると Amazon.co.jp で本を購入できます。
運のいい人悪い人
2006年08月30日 (水) 21:35 | 編集
最強風水師が教える運のいい人悪い人 最強風水師が教える運のいい人悪い人
李家 幽竹 (2006/03)
幻冬舎
この商品の詳細を見る


 「最強風水師が教える 運のいい人 悪い人」(李家幽竹/幻冬舎)読了。
 幽竹さんの本は他にも何冊か読んでいて、いろいろ参考にさせてもらってます。
 気分の問題かも知れませんが、やれることから実践してみると、少しずつではありますが、嫌な出来事が減って、いい出来事が増えてゆくような気がします。

 本書は、非常に具体的に、どうしたら運を上げることが出来るかっつーことにこだわったhow-to本ですな。
 ここまでは出来ねーよということから、だまされたと思ってやってみるか、までたくさんの例が載ってます。

 「風水」というと家の間取りやインテリアの配置についての事柄を連想しますが、身につけるものや行動なども関係してくる。

 とくに財布は、パソコンなどにも初期設定が必要なように、使い始めが肝心です。財布は使い始め九日間のお金の流れを記憶します。最初の九日間で、金運のある財布かどうかが決まってしまうのです。(p.45)

 つまり、使い初めに財布に入っているお金が少なかったり、出入りが多かったりすると、それを財布が覚えてしまい、常にそういう状態を招くようになってしまうのだという。
 だから、使い始めは、いつもより多くのお金を入れておき、出し入れも少なくすると良いのだと。
 うーん、これなんか微妙な感じ。
 果たして覚えていて、財布を新しくしたときに実践するだろうか
 ちなみに、財布は三年したら、新しく買い替えた方が良いのだそうです。

 この他にも、ペンや腕時計やらの持ち物で運を上げる方法など、いろいろ載っていて、興味があったら一読してみると面白いですよ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.