こんな本を読みました。
読んだ本の紹介・感想・メモです。 画像をクリックすると Amazon.co.jp で本を購入できます。
こころの声を聴く
2019年02月20日 (水) 23:40 | 編集
 河合隼雄さんの対談集「こころの声を聴く」を読み始めました。

 対談相手として、村上春樹、多田富雄、白洲正子、安部公房など面白そうな顔ぶれがそろっていて楽しみなのですが、今のところ河合さん自身が書いたまえがきを読んだだけっす。

 それでも、付箋を三か所も付けてしまった。

 河合さん本人が自分の対談について分析している箇所が、なるほどと思わせます。
 臨床心理士という、人と一対一で話し合うのが職業なので、

 相手の世界に対して可能なかぎり自分を開き、自分の人格を失ってしまうほどのぎりぎりの線まで、相手の世界を許容する。ほとんど自分の人格を消し去るほどの態度をとりながら、最後のところで一人の人間であることを失わない、(p.18)



 という会い方をしているのだそうです。
 だから、

 初対面の方が、自分でも驚かれるほど一挙に深い話にはいってゆかれるのである。(p.18)



 という状態になるのです。

 河合さんの対談の面白さ、深さの秘密を知ったような気がします。

 さらに、河合さんのよく使うキーワードの一つ「物語」という言葉の捉え方もなるほどと腑に落ちる一文がありました。

 河合さんと相談室で相対する人は、自分の心の中の未整理の物事を次々に投げ出してくるのだそうです。

 そうしながら、それらを二人で整理してゆく。整理ができるということは、それら雑多の内容が「物語」としての形をそなえてくることなのだ。(p.20)



 河合さんの使う「物語」という言葉のニュアンスの、ワシにはいまひとつよく解っていなかったなにものかが少し腑に落ちてきた気がします。




こころの声を聴く―河合隼雄対話集 (新潮文庫)こころの声を聴く―河合隼雄対話集 (新潮文庫)
(1997/12/24)
河合 隼雄、安部 公房 他

商品詳細を見る




ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.