こんな本を読みました。
読んだ本の紹介・感想・メモです。 画像をクリックすると Amazon.co.jp で本を購入できます。
失われた宇宙の旅2001
2016年01月14日 (木) 23:30 | 編集
 「失われた宇宙の旅2001」(アーサー・C・クラーク/ハヤカワ文庫SF)読了。

 スタンリー・キューブリック監督の映画「2001年宇宙の旅」の制作過程の裏話と没になった小説原稿をまとめた、非常に興味深い本でした。

 コンピューターHALは当初ロボットとして構想されていたとか、人類と遭遇するのはモノリスではなく、人型のエイリアンだったとか。

 ただ「こういう話もあった」だけではなく、映画のたたき台としてまた小説版の原稿として書かれ、最終的に没になった小説原稿が載っているのが衝撃的です。

 リドリー・スコットの「プロメテウス」に出てくる真っ白くのっぺりとした巨人エイリアンのイメージが、〈月を見るもの〉に道具の使い方を教えるエイリアンに妙にダブってしまいます。
 そもそも、大昔に人類に文明を授けた異星人が、宇宙に飛び出せるまでになった人類を呼び寄せるという骨格が、恐ろしく似ているように思いました。

 この映画製作時点では、技術的、予算的、デザイン的制約から実現できなかったことが、CGの進歩で出来るようになったということか。

 とにかく、映画では尻切れトンボになっていた結末の先が、どのように構想されていたのかが、しつこいくらいたっぷり描写されているので、映画で描かれたディスカバリー号の木星への遠征の意味がやっと腑に落ちました。

 われわれが最後に見つけた結末は、いまではこれしかないという気がしているが、ここへ行き着くまでには、何カ月もかけて不思議な世界や都市や生物を空想し、どうしたら観客の認識力に狙い通りのショックを与えられるかと、いろいろ頭をひねったものである。(p.317)





失われた宇宙の旅2001 (ハヤカワ文庫SF)失われた宇宙の旅2001 (ハヤカワ文庫SF)
(2000/04)
アーサー・C. クラーク、伊藤 典夫 他

商品詳細を見る





ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ


関連記事
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
私は「読書ログ」という読んだ本の管理やレビューを書くサイトの運営をしています。

課題図書という企画があり、今月は「※プロフェッショナルの条件」です!
ぜひ読書ログでもレビューを書いて頂けないかと思い、コメント致しました。

http://www.dokusho-log.com/monthlybook/201207/

他のメンバーのレビューなどもありますので、もしよろしければ遊びにきて頂ければと思います。
よろしくお願い致します
2014/06/20(金) 14:52 | URL | 読書ログ #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.