こんな本を読みました。
読んだ本の紹介・感想・メモです。 画像をクリックすると Amazon.co.jp で本を購入できます。
ジェノサイド 上 (角川文庫)
2016年12月20日 (火) 17:11 | 編集
 「ジェノサイド」(高野和明/角川文庫)読了。

 同じ作者の「グレイヴディッガー」を以前読んだことがあり、面白かったのですが、今作も非常によく出来てました。

 思わせぶりにならないスピード感と、世界を股にかけた圧倒的スケール感。

 アメリカの情報機関が察知した“人類絶滅の危機”の謎が前半割と早い時期に判明します。

 それを踏まえて、そこからの展開がすごい。

 アメリカの政府内部の動き、アフリカに派遣された傭兵たちの戦い、日本での新薬の開発の話が並行して、互いに見事に絡み合いながら物語は進みます。


ジェノサイド 上 (角川文庫)ジェノサイド 上 (角川文庫)
(2013/12/25)
高野 和明

商品詳細を見る





ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
ブログを拝見しました
こんにちは。
スペースお借り致します。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で150ページくらい。全国に約180人の会員さんがいます。
あなたがブログで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には、現在雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://m-pe.tv/u/?hapine1961

これからもブログの運営頑張って下さい。
失礼致しました。
2016/03/04(金) 07:05 | URL | つねさん #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.