こんな本を読みました。
読んだ本の紹介・感想・メモです。 画像をクリックすると Amazon.co.jp で本を購入できます。
ほんとうの環境問題
2009年02月13日 (金) 22:18 | 編集
ほんとうの環境問題ほんとうの環境問題
(2008/03)
池田 清彦養老 孟司

商品詳細を見る


 「ほんとうの環境問題」(池田清彦 養老孟司/新潮社)読了。

 巷では、二酸化炭素の排出を抑えて、地球の温暖化を防ごうという大キャンペーンが吹き荒れてますが、その風潮に真っ向から対立する内容の本です。

 例えば、食料の増産という角度から見ると、二酸化炭素の濃度と温度が高くなれば、植物の光合成の速度が速くなり、植物の生産性が上がるという。実際、恐竜がいた時代は、植物の生産性が高かったから、あのような巨大な生物が養えていたという理屈。
 また、京都議定書を守るために、日本は年間一兆円もつぎ込んでいるが、本書の計算によれば、温度上昇抑制に貢献できるのはなんとたったの0.004℃。
 さらに、

 気温が1℃上昇しただけでマラリア感染症の危険が増すということを言う人もいる。しかしそれもウソである。たとえば日本でも江戸時代までは本州の北のほう(山形など)でさえマラリア感染症の例は多かった。現在は当時より温暖化しているはずだが、いま日本ではマラリア感染者は見られない。マラリア感染の危険があるかないかというのは衛生的なインフラ整備がされているかどうかの問題であり、気温との直接的な関係はないのだから当然である。(p.119)



 題名に「環境問題」とあるぐらいなので、ゴミの分別問題、エネルギー問題なども広く取り上げられてます。
 とにかく、こんな物の見方があったのかと感心してしまいます。
 屁理屈といえば屁理屈的な話もあるのでしょうが、片寄った情報で洗脳されるかの如く信じ込まされていた事柄に、きっぱりと異議申し立てがなされており、痛快ですらあります。

 日本は省エネが進んでいるので、これ以上経済成長を続けながら二酸化炭素排出を減らすというのは無理。
 となると、他国から排出権を買う以外に京都議定書を守ることができないのです。
 温暖化の問題は、排出権取引ビジネスで儲けようというEUの思惑に、日本がのせられてしまったという部分がかなりあるようです。

 温暖化も海水面の上昇も、本書を読むと大した問題ではないように書かれてます。
 結局のところ、何が本当の問題で、どこにどれだけの予算をつぎ込むべきなのか、ちゃんとした科学的な議論がなされているのでしょうか。
 本書の内容を頭から信じ込むのも危険な気がしますが、かといって、温暖化ってどこまで進んでどれほど危険なのか、何を信じてよいのか、本当に悩んでしまいます。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.