こんな本を読みました。
読んだ本の紹介・感想・メモです。 画像をクリックすると Amazon.co.jp で本を購入できます。
はじめて考えるときのように
2009年12月20日 (日) 21:38 | 編集
はじめて考えるときのように―「わかる」ための哲学的道案内 (PHP文庫)はじめて考えるときのように―「わかる」ための哲学的道案内 (PHP文庫)
(2004/08)
野矢 茂樹

商品詳細を見る


 「はじめて考えるときのように」(文・野矢茂樹 絵・植田真/PHPエディターズ・グループ)読了。

 副題は “「わかる」ための哲学的道案内” とあります。
 無理やり分類すれば、哲学入門のような本ですが、全く堅苦しさはありません。

 「考える」とはどういうことなのか、小さな子供に説明できるでしょうか?
 ワシらは皆、常になにがしかを考えながら生活しているのでしょうが、「考える」ということそれ自体について考えたことってないでありましょう。

 普段、無意識に当たり前のようにしている事なのですが、改めて問い直し分析してみると、「考える」ってどういうことなのか、大の大人のこのワシにはよく分かっていなかった、という事実を突き付けられてしまうのでした。

 特に、人間は頭の「中」で考えているのではない、という指摘にはハッとさせられました。

 考えるということは、実は頭とか脳とかでやることじゃない。手で考えたり、紙の上で考えたり、冷蔵庫の中身を手にもって考えたりする。これがひとつ。(p.152)

 どうも「考え」っていうのは、まず最初は「内側」で生まれて、次にそれをことばにのせて「外に」伝えるものと思われがちのようだ。そして、ことばにのせないでとどめておかれると「内に秘めた考え」とか言われる。
 でも、ぜんぜんそういうものじゃないと僕は思う。(p.158)



 例えば、暗算。
 筆算ができて初めて暗算ができるようになる。
 暗算が先などという人はいないと筆者は指摘します。

 じっさいに目の前のもので手を使って操作できるひとだけが、イメージの中でも操作できるようになる。(p.155)



 文章がやさしく、説明を急がないので、読んでいるうちに作者の言わんとすることがだんだん分かってくるという流れがとても気持ち良いです。
 中学生くらいから十分に理解できる文章でしょう。

 一見当たり前で見向きもしないようなことを、あーだこーだと分析している本書のようなやさしい哲学書っつーのは、若い人でも年取った人でも、これを読むと、脳みその基礎体力が上がるんじゃないでしょうか。


ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.